【孤独という名の武器】孤独で寂しいと思っているあなたへ

生きていれば

「一人で寂しいなぁ」「友達いなくて辛いなぁ」

って思うことは1度はありますよね。

 

そんな感情を誤魔化すために手帳の中に日程を人と会う予定で埋めたり、SNSで常に人と繋がっているなんて人も少なくないのではないでしょうか?

 

周りからの目を気にしてお昼ご飯を一人で食べるのが怖いというのを

心理学では、ランチメイト症候群という言葉が生まれるくらい

現代の日本人は『孤独』に対する価値観がネガティブであるように感じます。

f:id:LeoLeoLionmaru:20181029182716p:plain

 

実際に少し前の僕も1人でいるときは

周りから

「あいつ友達いないのか」「1人とか寂しいな」

みたいに思われているんじゃないかとネガティブな価値観を持っていました。

 

今の私は『孤独』です!

しかし!今の私はただの孤独ではありません!

『孤独』を楽しんでいます!

 

こいつ何言ってんだと思う方もいるかもしれません。

でも、これは事実です。

 

では、私がなぜ『孤独』を楽しんでいるのか紹介しようと思います。

 

 

 

【『孤独』に対する価値観】

 

まずあなたは『孤独』と聞いて何を思い浮かべますか?

きっとこの記事を読んでいるあなたは

・寂しい

・悲しい

・ひとりぼっち

こんなことを思い浮かべるのではないでしょうか?

 

まずこの価値観がただの思い込みなんです。。

 

では、『ポジティブな孤独』という言葉を聞いたら何を思い浮かべますか?

これは色々な考えが出てきそうですが、僕なら

・縛られていない

・ありのまま

・トップに立つ人(全て自分で決断しなければならないから)

こんなことが思い浮かびます

 

意外と『孤独』という言葉からもプラスのイメージが湧いてきますよね!

このように、そもそも日本人が『孤独』という言葉にマイナスなイメージを持っているだけなんです。

なんの固定概念なしにこの言葉を聞いたらきっとマイナスなイメージを持つことはないと思います。

 

実際に、個人主義が根付いている欧米では

多くの人が1人で日本に旅行をしに来ていたり

自分だけ違う意見を言っていてもそれを貫くなど

『孤独』に対するイメージは全く違うものでしょう。

 

このように『孤独』に対するマイナスのイメージは思い込みだと分かっていただけたのではないでしょうか?

 

【孤独であることのメリット】

ここからは、『孤独』であることのメリットを大きく3つに分けて紹介していこうと思います。

 

①自分を深めることができる

まず、心理学的に見ると

「孤独を怖がる」=「精神的に未熟」

という風に言われています。

何をするにしても周りに依存している人は自立して物事を判断できません。

逆に孤独な人は、物事を自分で判断するため、精神的に成長し強くなります。

 

また、孤独を感じると自分の未来や人生に不安を抱くこともあるでしょう。

しかし不安を抱いてもいいんです。その不安を抱くことで、

「今後の自分はどうしなければいけないのか」「どう生きていけばいいのか」

考えるようになります。その過程で自分の夢や本当にやりたいことが見つかります。

このことから、孤独を感じ不安を抱いている人間と抱いていない人間では将来の準備に圧倒的な差が生まれます。

 

②ありのままの自分でいれる

今の世の中は「ストレス社会」とも言われるように様々なストレスがあります。

その中でもほとんどのウエイトを占めているのが「人間関係」と言えるでしょう。

悪口や嫌みを言われたり、友人に気を使ったりなどが挙げられます。

イギリスの劇作家、シェイクスピアはこんな風に言っています

「この世は舞台である。そして男も女も役者にすぎない」

つまり、人は皆演じながら生きているということが言われています。

しかし、『孤独』であれば周りから干渉されることがないのでありのままの自分でいられます。

 

③自由な時間が生まれる

 僕が実感として最も大きかったことはこれです。

今までは、友人に合わせて生きなければいけないと思っていましたが、

孤独に対する価値観が変わってからは、自由な時間が生まれました。

その生まれた時間で買っただけで読んでいなかった本を読んだり、映画を見たり、色々なことに時間を回せるようになりました。

今思い返すと、

『孤独な時間』=自由な時間

であるので、

『孤独ではない時間』=『他人の時間・縛られた時間』

こんな風に思います。

特に経営者や成功者の方は、仕事柄から『他人の時間・縛られた時間』を過ごしてしまうことが多いので、これを解決するために多くの方が1日の中であったり、1週間の中に『孤独な時間』を作っているそうです。そして、そんな『孤独な時間』にこそ成功へのひらめきやヒントが潜んでいると言います。

 

【まとめ】

このように『孤独』であることがいかに武器となるかが少しでも理解いただき、

自分も積極的に『孤独な時間』を作っていこうと思っていただけたら幸いです。

しかし、「人は1人では生きていけない」とよく言うように、色々な人に支えられて生きていることは事実です。また、他人と過ごす時間から生まれるものがあることも事実です。

この、他人と過ごす時間と孤独の時間をバランスよく生きることが大切ですね。